入間市商工会トップページへ
ホーム 業務案内トップ 記帳機械化制度(税務・経理相談)
税務・経理相談トップへ
青色申告について
定例税務相談会へ
主な経費科目一覧へ
【 記帳機械化制度とは 】
商工会では記帳処理の代行を、記帳専任職員等を設置して、パソコンで
行っています。その日の売上げや仕入を所定の用紙に記入するだけで、各
種の帳票や豊富なデータをお届けします。もちろん、データは責任をもって
管理、秘密保持も万全です。また、自主記帳されている人にも、記帳から
決算まで一貫した継続指導を行っています。
(記帳機械化手数料がかかります)
【 記帳機械化の手順 】

  1.商工会でお申込み
     記帳機械化手数料・・・前年の売上と年間伝票数(仕訳数)により、異なります。
                   但し、新規委託者は月額5,000円。
                 
 年間売上 A金額  年間伝票数(仕訳数)  B金額 
500万円以下  1,000 500枚以下  1,000
500万超〜1,000万円  1,500 500枚超〜1,000枚  1,500
1,000万超〜2,000万円  2,000 1,000枚超〜1,500枚 2,500

  決算時手数料 ・・・ 月額手数料の2ヶ月分    
  消費税申告 ・・・ 簡易課税 年間5,000円   一般課税10,000円 
  オプション ・・・ @ 複式簿記にて記帳   年間10,000円 
    A 領収書からの預り   年間30,000円

     手数料は年間4回(5・8・11・2月)に分けて納入するものとします。

  2.帳簿開始の準備
     帳簿のある方・・・申込み時点での貸借対照表、損益計算書の提出をお願いします。
     帳簿のない方・・・
事業の資産、負債等の状況を把握するために事業状況を伺います。

  3.毎月の資料を提出
     事業に関する売上、仕入、経費の状況を、現金出納帳及び振替帳に記入して保管、
      1カ月分を翌月に商工会へ提出。


  4.商工会にて帳簿の作成
     パソコンで一カ月分のデータを入力処理し帳簿を作成。

  5.帳簿をお届け
     総勘定元帳、貸借対照表、損益計算書、損益分岐点分析
     2年目より前年度との比較を確認できます。
ホーム 業務案内 共済・保険制度 会員得とくガイド 入会のご案内
入 間 市 商 工 会  
 〒358-0001 埼玉県入間市向陽台1-1-7     
 TEL 04-2964-1212 FAX 04-2964-1214  e-mail irm@ictv.ne.jp
 業務時間 8:30〜17:15 (土曜・日曜・祝日・振替休日は休業日となります)